日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

一般的な NAS ネームスペースアーキテクチャとは

寄稿者

SVM ネームスペースを作成するときに使用できる一般的な NAS ネームスペースアーキテクチャがいくつかあります。ビジネスやワークフローのニーズに合わせて、ネームスペースアーキテクチャを選択できます。

ネームスペースの最上位は常にルートボリュームであり、スラッシュ( / )で表されます。ルートの下位のネームスペースアーキテクチャは、次の 3 つの基本カテゴリに分類されます。

  • ネームスペースのルートへのジャンクションポイントを 1 つ備えた単一のブランチツリー

  • ネームスペースのルートへのジャンクションポイントを複数備えた複数分岐ツリー

  • 複数のスタンドアロンボリュームがそれぞれ、ネームスペースのルートへの個別のジャンクションポイントを備えています

単一分岐ツリーを使用するネームスペース

単一分岐のツリーを使用するアーキテクチャには、 SVM ネームスペースのルートへの単一の挿入ポイントがあります。単一の挿入ポイントは、結合されたボリュームまたはルートの下のディレクトリのどちらかになります。それ以外のすべてのボリュームは、単一の挿入ポイントの下のジャンクションポイント(ボリュームまたはディレクトリ)でマウントされます。

単一分岐のツリーを使用するネームスペースアーキテクチャ

たとえば、上記のネームスペースアーキテクチャを使用する標準的なボリュームジャンクション構成は、すべてのボリュームが単一の挿入ポイントの下で結合された以下のような構成になります。これは「 d ATA 」というディレクトリです。

                     Junction                       Junction
Vserver Volume       Active   Junction Path         Path Source
------- ------------ -------- -------------------   -----------
vs1     corp1        true     /data/dir1/corp1      RW_volume
vs1     corp2        true     /data/dir1/corp2      RW_volume
vs1     data1        true     /data/data1           RW_volume
vs1     eng1         true     /data/data1/eng1      RW_volume
vs1     eng2         true     /data/data1/eng2      RW_volume
vs1     sales        true     /data/data1/sales     RW_volume
vs1     vol1         true     /data/vol1            RW_volume
vs1     vol2         true     /data/vol2            RW_volume
vs1     vol3         true     /data/vol3            RW_volume
vs1     vs1_root     -        /                     -

複数分岐ツリーを使用するネームスペース

複数分岐のツリーを使用するネームスペースには、 SVM ネームスペースのルートへの複数の挿入ポイントがあります。挿入ポイントは、ルート直下で結合されたボリュームまたはディレクトリのどちらかになります。それ以外のすべてのボリュームは、挿入ポイントの下のジャンクションポイント(ボリュームまたはディレクトリ)でマウントされます。

複数分岐ツリーを使用するネームスペースアーキテクチャ

たとえば、上記のネームスペースアーキテクチャを使用する標準的なボリュームジャンクション構成は、 SVM のルートボリュームへの 3 つの挿入ポイントがある以下のような構成になります。2 つの挿入ポイントは、「 `d ata" 」と「 projects' 」という名前のディレクトリです。挿入ポイントの 1 つは「 audit 」という名前の結合されたボリュームです。

                     Junction                       Junction
Vserver Volume       Active   Junction Path         Path Source
------- ------------ -------- -------------------   -----------
vs1     audit        true     /audit                RW_volume
vs1     audit_logs1  true     /audit/logs1          RW_volume
vs1     audit_logs2  true     /audit/logs2          RW_volume
vs1     audit_logs3  true     /audit/logs3          RW_volume
vs1     eng          true     /data/eng             RW_volume
vs1     mktg1        true     /data/mktg1           RW_volume
vs1     mktg2        true     /data/mktg2           RW_volume
vs1     project1     true     /projects/project1    RW_volume
vs1     project2     true     /projects/project2    RW_volume
vs1     vs1_root     -        /                     -

複数のスタンドアロンボリュームを含むネームスペース

スタンドアロンボリュームを使用するアーキテクチャでは、すべてのボリュームに SVM ネームスペースのルートへの挿入ポイントがありますが、それらのボリュームは別のボリュームの下でジャンクションされません。各ボリュームは一意のパスを持ち、ルート直下で結合されているか、ルートより下のディレクトリで結合されています。

複数のスタンドアロンボリュームを使用するネームスペースアーキテクチャ

たとえば、上記のネームスペースアーキテクチャを使用する標準的なボリュームジャンクション構成は、 SVM のルートボリュームへの 5 つの挿入ポイントがあり、それぞれが 1 つのボリュームへのパスを表す以下のような構成になります。

                     Junction                       Junction
Vserver Volume       Active   Junction Path         Path Source
------- ------------ -------- -------------------   -----------
vs1     eng          true     /eng                  RW_volume
vs1     mktg         true     /vol/mktg             RW_volume
vs1     project1     true     /project1             RW_volume
vs1     project2     true     /project2             RW_volume
vs1     sales        true     /sales                RW_volume
vs1     vs1_root     -        /                     -