日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

エクスポートポリシーをボリュームに割り当てます

寄稿者

SVM 内の各ボリュームには、クライアントがボリューム内のデータにアクセスするためのエクスポートルールを含むエクスポートポリシーを関連付ける必要があります。

エクスポートポリシーは、ボリュームの作成時、またはボリュームの作成後にいつでも、ボリュームに関連付けることができます。1 つのボリュームに関連付けることができるのは 1 つのエクスポートポリシーだけですが、 1 つのポリシーを多数のボリュームに関連付けることができます。

手順
  1. ボリュームの作成時にエクスポートポリシーを指定しなかった場合は、ボリュームにエクスポートポリシーを割り当てます。

    'volume modify -vserver_name_-volume_name_-policy_export_policy_name_`

  2. ポリシーがボリュームに割り当てられたことを確認します。

    volume show -volume_name_-fields policy`

次のコマンドは、エクスポートポリシー nfs_policy を vs1 という SVM 上のボリューム vol1 に割り当てて、割り当てを確認します。

cluster::> volume modify -v1server vs1 -volume vol1 -policy nfs_policy

cluster::>volume show -volume vol -fields policy
vserver volume       policy
------- ------------ ----------------
vs1     vol1         nfs_policy