日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ネットグループを SVM にロードする

寄稿者

エクスポートポリシールールでクライアントの照合に使用できる方法の 1 つは、ネットグループにリストされているホストを使用することです。ネットグループは、外部ネームサーバ(「 vserver services name-service netgroup load 」)に格納されているネットグループを使用する代わりに、 Uniform Resource Identifier ( URI )を使用して SVM にロードすることもできます。

ネットグループファイルは、 SVM にロードする前に、次の要件を満たしている必要があります。

  • ファイルは、 NIS の設定に使用されるのと同じ適切なネットグループテキストファイル形式を使用する必要があります。

    ONTAP は、ロードを行う前にネットグループテキストファイル形式をチェックします。ファイルにエラーが含まれている場合、ファイルはロードされず、ファイルで実行する必要のある修正を示すメッセージが表示されます。エラーを修正後に、ネットグループファイルを指定した SVM に再ロードできます。

  • ネットグループファイル内のホスト名に含まれる英文字は、すべて小文字にする必要があります。

  • サポートされる最大ファイルサイズは 5MB です。

  • ネットグループでサポートされる最大ネストレベルは 1000 です。

  • ネットグループファイルでホスト名を定義する際に使用できるのは、プライマリ DNS ホスト名のみです。

    エクスポートへのアクセスに関する問題を回避するために、ホスト名の定義には DNS CNAME やラウンドロビンレコードを使用しないでください。

  • ネットグループファイル内の 3 つの値のうちユーザおよびドメインの部分は、 ONTAP でサポートされていないので空にしておく必要があります。

    ホスト / IP の部分のみがサポートされます。

ONTAP は、ローカルネットグループファイルを対象としたホスト単位のネットグループ検索をサポートしています。ネットグループファイルをロードしたあと、ホスト単位のネットグループ検索を有効にするために netgroup.byhost マップが ONTAP によって自動的に作成されます。これにより、エクスポートポリシールールを処理してクライアントアクセスを評価する際のローカルネットグループ検索にかかる時間が大幅に短縮されます。

ステップ
  1. URI から SVM にネットグループをロードします。

    「 vserver services name-service netgroup load -vserver vserver_name __ source { ftp|http|ftps|https } : // uri _

    ネットグループファイルのロードと netgroup.byhost マップの構築には、数分かかる場合があります。

    ネットグループの更新が必要な場合は、ネットグループファイルを編集し、更新されたファイルを SVM にロードすることができます。

次のコマンドは、 HTTP URL 「 + http://intranet/downloads/corp-netgroup+`: 」から、ネットグループの定義を vs1 という SVM にロードします

vs1::> vserver services name-service netgroup load -vserver vs1
-source http://intranet/downloads/corp-netgroup