日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クライアントシステムからの NFS アクセスをテストします

寄稿者

新しいストレージオブジェクトに対する NFS アクセスの確認が完了したら、設定をテストする必要があります。設定をテストするには、 NFS 管理ホストにログインし、 SVM に対するデータの読み取りと書き込みが可能かどうかを確認します。その後、 root 以外のユーザとしてクライアントシステム上で処理を繰り返します。

必要なもの
  • クライアントシステムに、前に指定したエクスポートルールで許可されている IP アドレスが割り当てられている必要があります。

  • root ユーザのログイン情報が必要です。

手順
  1. クラスタで、新しいボリュームをホストしている LIF の IP アドレスを確認します。

    「 network interface show – vserver_svm_name_` 」のように指定します

  2. 管理ホストクライアントシステムに root ユーザとしてログインします。

  3. ディレクトリをマウントフォルダに変更します。

    「 cd /mnt/ 」と入力します

  4. 新しいフォルダを作成し、 SVM の IP アドレスを使用してマウントします。

    1. 新しいフォルダ「 +m kdir /mnt/folder 」を作成します

    2. 新しいボリュームを次の新しいディレクトリにマウントします: +m ount-t nfs -o hard_IPAddress_: //volume_name/mnt/folder_

    3. ディレクトリを新しいフォルダ +CD_folder_ に変更します

      次のコマンドでは、 test1 という名前のフォルダを作成し、 IP アドレス 192.0.2.130 のボリューム vol1 をマウントフォルダ test1 にマウントして、ディレクトリを新しい test1 に変更しています。

    host# mkdir /mnt/test1
    host# mount -t nfs -o hard 192.0.2.130:/vol1 /mnt/test1
    host# cd /mnt/test1
  5. 新しいファイルを作成し、そのファイルが存在することを確認して、テキストを書き込みます。

    1. テストファイル +touch_filename_ を作成します

    2. ファイルが存在することを確認します :+ls -l filename

    3. 「 +cat>_filename_ 」と入力します

      テキストを入力してから Ctrl+D を押してテストファイルにテキストを書き込みます。

    4. テストファイルの内容を表示します。+cat_filename_

    5. テストファイル +rm_filename_ を削除します

    6. 親ディレクトリ +`cd…​ に戻ります

      host# touch myfile1
      host# ls -l myfile1
      -rw-r--r-- 1 root root 0 Sep 18 15:58 myfile1
      host# cat >myfile1
      This text inside the first file
      host# cat myfile1
      This text inside the first file
      host# rm -r myfile1
      host# cd ..
  6. root として、マウントされたボリュームに対する必要な UNIX の所有権と権限を設定します。

  7. エクスポートルールで特定されている UNIX クライアントシステムで、新しいボリュームへのアクセス権を持つ許可されたユーザとしてログインし、手順 3 ~ 5 を繰り返して、ボリュームのマウントとファイルの作成が可能なことを確認します。