日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタピア関係を作成する( ONTAP 9.3 以降)

寄稿者

cluster peer create コマンドを使用すると、ローカルクラスタとリモートクラスタ間にピア関係を作成できます。ピア関係が作成されたら ' リモート・クラスタ上で cluster peer create を実行して ' ローカル・クラスタに対してピア関係を認証できます

必要なもの
  • ピア関係にあるクラスタ内の各ノードでクラスタ間 LIF を作成しておく必要があります。

  • クラスタで ONTAP 9.3 が実行されている必要があります。

手順
  1. デスティネーションクラスタで、ソースクラスタとのピア関係を作成します。

    「 cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration_mm/dd/YYYY HH : MM : SS_|1…​7days | 1…​168 時間 -peer-addrs_peer-addrs_initial-allowed-vserver -peers_svm_name_,.| * -ipspace_ipspace_name

    「 -generate-passphrase 」と「 -peer-addrs 」の両方を指定した場合、生成されたパスワードを使用できるのは、「 -peer-addrs 」にクラスタ間 LIF が指定されているクラスタだけです。

    カスタム IPspace を使用しない場合は、 -ipspace オプションを無視してかまいません。コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    ONTAP 9.6 以降でピア関係を作成する場合に、クラスタ間ピアリング通信を暗号化しないようにするには、「 -encryption-protocol-proposed none 」オプションを使用して暗号化を無効にします。

    次の例は、リモートクラスタを指定せずにクラスタピア関係を作成し、ローカルクラスタの SVM 「 vs1 」および「 vs2 」とのピア関係を事前承認します。

    cluster02::> cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration 2days -initial-allowed-vserver-peers vs1,vs2
    
                         Passphrase: UCa+6lRVICXeL/gq1WrK7ShR
                    Expiration Time: 6/7/2017 08:16:10 EST
      Initial Allowed Vserver Peers: vs1,vs2
                Intercluster LIF IP: 192.140.112.101
                  Peer Cluster Name: Clus_7ShR (temporary generated)
    
    Warning: make a note of the passphrase - it cannot be displayed again.

    次の例は、クラスタ間 LIF の IP アドレス 192.140.112.103 および 192.140.112.104 でリモートクラスタとのクラスタピア関係を作成し、ローカルクラスタのすべての SVM とのピア関係を事前承認します。

    cluster02::> cluster peer create -generate-passphrase -peer-addrs 192.140.112.103,192.140.112.104 -offer-expiration 2days -initial-allowed-vserver-peers *
    
                         Passphrase: UCa+6lRVICXeL/gq1WrK7ShR
                    Expiration Time: 6/7/2017 08:16:10 EST
      Initial Allowed Vserver Peers: vs1,vs2
                Intercluster LIF IP: 192.140.112.101,192.140.112.102
                  Peer Cluster Name: Clus_7ShR (temporary generated)
    
    Warning: make a note of the passphrase - it cannot be displayed again.

    次の例は、リモートクラスタを指定せずにクラスタピア関係を作成し、ローカルクラスタの SVM 「 vs1 」および「 vs2 」とのピア関係を事前承認します。

    cluster02::> cluster peer create -generate-passphrase -offer-expiration 2days -initial-allowed-vserver-peers vs1,vs2
    
                         Passphrase: UCa+6lRVICXeL/gq1WrK7ShR
                    Expiration Time: 6/7/2017 08:16:10 EST
      Initial Allowed Vserver Peers: vs1,vs2
                Intercluster LIF IP: 192.140.112.101
                  Peer Cluster Name: Clus_7ShR (temporary generated)
    
    Warning: make a note of the passphrase - it cannot be displayed again.
  2. ソースクラスタで、ソースクラスタをデスティネーションクラスタに対して認証します。

    'cluster peer create -peer-addrs_peer_lif_ips_-ipspace ips'

    コマンド構文全体については、マニュアルページを参照してください。

    次の例は、クラスタ間 LIF の IP アドレス 192.140.112.101 および 192.140.112.102 でローカルクラスタをリモートクラスタに対して認証します。

    cluster01::> cluster peer create -peer-addrs 192.140.112.101,192.140.112.102
    
    Notice: Use a generated passphrase or choose a passphrase of 8 or more characters.
            To ensure the authenticity of the peering relationship, use a phrase or sequence of characters that would be hard to guess.
    
    Enter the passphrase:
    Confirm the passphrase:
    
    Clusters cluster02 and cluster01 are peered.

    プロンプトが表示されたら、ピア関係のパスフレーズを入力します。

  3. クラスタピア関係が作成されたことを確認します。

    「 cluster peer show -instance 」のように表示されます

    cluster01::> cluster peer show -instance
    
                                   Peer Cluster Name: cluster02
                       Remote Intercluster Addresses: 192.140.112.101, 192.140.112.102
                  Availability of the Remote Cluster: Available
                                 Remote Cluster Name: cluster2
                                 Active IP Addresses: 192.140.112.101, 192.140.112.102
                               Cluster Serial Number: 1-80-123456
                      Address Family of Relationship: ipv4
                Authentication Status Administrative: no-authentication
                   Authentication Status Operational: absent
                                    Last Update Time: 02/05 21:05:41
                        IPspace for the Relationship: Default
  4. ピア関係にあるノードの接続状態とステータスを確認します。

    cluster peer health show

    cluster01::> cluster peer health show
    Node       cluster-Name                Node-Name
                 Ping-Status               RDB-Health Cluster-Health  Avail…
    ---------- --------------------------- ---------  --------------- --------
    cluster01-01
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
    cluster01-02
               cluster02                   cluster02-01
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true
                                           cluster02-02
                 Data: interface_reachable
                 ICMP: interface_reachable true       true            true