日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ピアリングの基本

寄稿者

SnapMirror を使用して Snapshot コピーをレプリケートするには、ソースとデスティネーションのクラスタ間およびソースとデスティネーションの SVM 間でピア関係を作成する必要があります。ピア関係で定義されるネットワーク接続により、クラスタ間および SVM 間でデータをセキュアにやり取りすることができます。

ピア関係にあるクラスタおよび SVM は、 _intercluster 論理インターフェイス( LIF )を使用してクラスタ間ネットワーク経由で通信します。 _ クラスタ間 LIF は、「 intercluster-core 」ネットワークインターフェイスサービスをサポートする LIF で、通常は「 default-intercluster 」ネットワークインターフェイスサービスポリシーを使用して作成されます。ピア関係にあるクラスタ内の各ノードでクラスタ間 LIF を作成する必要があります。

クラスタ間 LIF は、 LIF が割り当てられているシステム SVM に属するルートを使用します。ONTAP は、クラスタレベルの通信用に IPspace 内にシステム SVM を自動的に作成します。

ファンアウトとカスケードの両方のトポロジがサポートされます。カスケードトポロジの場合、クラスタ間ネットワークを作成する必要があるのは、プライマリクラスタとセカンダリクラスタの間、およびセカンダリクラスタとターシャリクラスタの間だけです。プライマリクラスタとターシャリクラスタの間にクラスタ間ネットワークを作成する必要はありません。

注記

管理者は、 default-intercluster サービスポリシーから intercluster-core サービスを削除することが可能です(ただし推奨されません)。この場合、「 default-intercluster 」を使用して作成 LIF を作成しても、その LIF はクラスタ間 LIF にはなりません。default-intercluster サービスポリシーに intercluster-core サービスが含まれていることを確認するには、次のコマンドを使用します。

「 network interface service-policy show -policy default -intercluster 」のように入力します