日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ デジタルアドバイザを使用して、システムのパフォーマンスを確認します

寄稿者 netapp-thomi

ネットアップに AutoSupport テレメトリを送信する ONTAP システムでは、広範なパフォーマンスデータと容量データを表示できます。 Active IQ では、 System Manager に表示されるよりも長期間にわたるシステムパフォーマンスが表示されます。

CPU 利用率、レイテンシ、 IOPS 、プロトコル別の IOPS 、およびネットワークスループットのグラフを表示できます。このデータは .csv 形式でダウンロードして、他のツールで分析することもできます。

Active IQ では、このパフォーマンスデータに加えて、ワークロード別のストレージ効率を表示して、そのワークロードタイプの想定される削減率と比較することができます。容量のトレンドを確認し、特定の期間に追加する必要があるストレージの推定量を確認できます

注記
  • Storage Efficiency は、メインダッシュボードの左側にあるお客様、クラスタ、ノードの各レベルで利用できます。

  • パフォーマンスは、メインダッシュボードの左側のクラスタレベルとノードレベルで利用できます。