日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ディスクのスループットとレイテンシを確認

寄稿者

ディスクのスループットとレイテンシの指標を確認すると、クラスタノードのトラブルシューティングに役立ちます。

このタスクを実行するには、 advanced 権限レベルのコマンドが必要です。

手順
  1. advanced 権限レベルに切り替えます。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. ディスクのスループットとレイテンシの指標を確認します。

    'statistics disk show -sort-key latency (統計ディスク show -sort-key 遅延

次の例では 'cluster1 に対する node2 の各ユーザの読み取り操作または書き込み操作の合計を表示します

::*> statistics disk show -sort-key latency
cluster1 : 8/24/2015 12:44:15
                    Busy Total Read  Write  Read    Write   *Latency
  Disk       Node  (%)   Ops   Ops   Ops   (Bps)    (Bps)       (us)
------------ ----   ---- ----   ----- ----- ------   -----    -----

1.10.20      node2     4    5       3     2  95232  367616    23806
1.10.8       node2     4    5       3     2 138240  386048    22113

1.10.6       node2     3    4       2     2  48128  371712    19113
1.10.19      node2     4    6       3     2 102400  443392    19106

1.10.11      node2     4    4       2     2 122880  408576    17713