日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

スループットの下限 v2 を有効または無効にします

寄稿者

AFF のスループットの下限 v2 を有効または無効にすることができます。デフォルトは enabled です。フロア v2 を有効にした場合、他のワークロードのレイテンシが高くなってもコントローラを多用した場合はスループットの下限を満たすことができます。QoS とアダプティブ QoS の両方をサポートするフロア v2 環境。

手順
  1. advanced 権限レベルに切り替えます。

    「 advanced 」の権限が必要です

  2. 次のいずれかのコマンドを入力します。

    状況 使用するコマンド

    フロア v2 を無効にします

    'qos settings throughput floors-v2-enable false

    フロア v2 を有効にします

    'qos settings throughput floors-v2-enable true

    注記

    MetroCluster クラスタでスループットの下限 v2 を無効にするには、を実行する必要があります

    'qos settings throughput floors-v2-enable false

    コマンドは、ソースとデスティネーションの両方のクラスタで実行します。

    cluster1::*> qos settings throughput-floors-v2 -enable false