日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ Unified Manager のパフォーマンスの問題を特定する

寄稿者

パフォーマンスイベントが発生した場合は、 Active IQ Unified Manager で問題のソースを特定し、他のツールを使用して修正することができます。イベントの発生を知らせる E メールを受信したり、日々の監視中にイベントに気付いたりすることがあります。

手順
  1. E メール通知に記載されたリンクをクリックし、パフォーマンスイベントが発生しているストレージオブジェクトに直接移動します。

    状況 作業

    イベントの E メール通知を受信する

    リンクをクリックしてイベントの詳細ページに直接移動します。

    Event Inventory ページの分析中にイベントに注目してください

    イベントを選択してイベントの詳細ページに直接移動します。

  2. システム定義のしきい値を超えたイベントの場合は、画面に提示される対処方法に従って問題をトラブルシューティングします。

  3. ユーザ定義のしきい値を超えたイベントの場合は、イベントを分析して対処が必要かどうかを判断します。

  4. 問題が解決しない場合は、次の設定を確認します。

    • ストレージシステムのプロトコル設定

    • イーサネットスイッチまたはファブリックスイッチのネットワーク設定

    • ストレージシステムのネットワーク設定

    • ストレージシステムのディスクレイアウトとアグリゲートの指標を表示します

  5. 問題が解除されない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。