日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Active IQ Unified Manager をダウンロードして導入

寄稿者 netapp-ahibbard

ソフトウェアをインストールするには、仮想アプライアンス( VA )インストールファイルをダウンロードし、 VMware vSphere Client を使用して VMware ESXi サーバに導入する必要があります。VA は OVA ファイルとして提供されます。

手順
  1. ネットアップサポートサイトソフトウェアのダウンロード * ページにアクセスし、 Active IQ Unified Manager を探します。

  2. [Select Platform* (プラットフォームの選択) ] ドロップダウンメニューで [* VMware vSphere* ( VMware vSphere * ) ] を選択し、 [* Go!* (実行) ] をクリックします

  3. 「 OVA 」ファイルを、 VMware vSphere Client からアクセス可能なローカルまたはネットワーク上の場所に保存します。

  4. VMware vSphere Client で、 * File * > * Deploy OVF Template * をクリックします。

  5. 'ova' ファイルを探し ' ウィザードを使用して ESXi サーバに仮想アプライアンスを導入します

    ウィザードの * Properties * タブを使用して、静的な構成情報を入力できます。

  6. VM の電源をオンにします。

  7. 最初の起動プロセスを表示するには、 * Console * タブをクリックします。

  8. プロンプトに従って、 VM に VMware Tools をインストールします。

  9. タイムゾーンを設定します。

  10. メンテナンスユーザの名前とパスワードを入力します。

  11. VM コンソールに表示された URL にアクセスします。