日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.11.1以降からリバートする前に、ランサムウェア対策ライセンスを確認してください

ランサムウェア対策保護を設定している場合にONTAP 9.11.1以降からONTAP 9.10.1以前にリバートすると、警告メッセージが表示され、ランサムウェア対策機能が制限されることがあります。

ONTAP 9.11.1では、アンチランサムウェアライセンスがMulti-Tenant Key Management(MTKM)ライセンスに置き換えられました。お使いのシステムにAntiランサムウェアライセンスがあり、MT_EK_MGMTライセンスがない場合、リバート中に、リバート時にランサムウェア対策を有効にできないという警告が表示されます。

既存のランサムウェア対策による保護が設定されたボリュームは、リバート後も引き続き正常に動作し、ONTAP CLIを使用してランサムウェア対策のステータスを表示できます。ただし、System Managerには、MTKMライセンスがないとランサムウェア対策のステータスが表示されません。

したがって、ONTAP 9.10.1にリバートしたあともランサムウェア対策による保護を継続する場合は、リバート前にMTKMライセンスがインストールされていることを確認してください。 "ランサムウェア対策ライセンスの詳細をご確認ください。"