日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リバート後に Snapshot コピーポリシーを有効にする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

以前のバージョンの ONTAP にリバートした場合は、 Snapshot コピーの作成を再開するために、 Snapshot コピーポリシーを有効にする必要があります。

以前のバージョンの ONTAP にリバートする前に無効にした Snapshot スケジュールを再度有効にします。

  1. すべてのデータ SVM の Snapshot コピーポリシーを有効にします。

    volume snapshot policy modify -vserver * -enabled true

    'snapshot-policy modify pg-RPO-hourly-enabled true

  2. 各ノードについて、 run nodeodevenevol optionssroot_vol_namenosnapoff コマンドを使用して、ルートボリュームの Snapshot コピーポリシーを有効にします。

    cluster1::> run -node node1 vol options vol0 nosnap off