日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

重複排除ボリュームにリバート前に十分な空きスペースがあることを確認します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ONTAP 9 のいずれかのバージョンからリバートする前に、リバート処理に使用する十分な空きスペースがボリュームにあることを確認する必要があります。

ゼロのブロックのインライン検出によって実現した削減に対応できる十分なスペースがボリュームに必要です。必要なスペースについては、テクニカルサポートにお問い合わせください。

重複排除が有効になっているシステムの ONTAP 9 からのリバートには、 advanced モードのコマンドも使用します。詳しくはテクニカルサポートにお問い合わせください。

リバートするボリュームで重複排除とデータ圧縮の両方を有効にしている場合は、重複排除をリバートする前にデータ圧縮をリバートする必要があります。

  1. volume efficiency show コマンドに -fields オプションを指定して、ボリュームで実行されている効率化処理の進捗状況を表示します。

    次のコマンドは、効率化処理の進捗状況を表示します。 volume efficiency show -fields vserver 、 volume 、 progress

  2. volume efficiency stop コマンドに -all オプションを指定して、アクティブな重複排除処理とキューに登録されている重複排除処理をすべて中止します。

    次のコマンドは、ボリューム VolA のアクティブな重複排除処理とキューに登録されている重複排除処理をすべて中止します。 volume efficiency stop -vserver vs1 -volume VolA -all `

  3. set -privilege advanced コマンドを使用して、 advanced 権限レベルでログインします。

  4. volume efficiency revert-to コマンドに -version オプションを指定して、ボリュームの効率化メタデータを ONTAP の特定のバージョンにリバートします。

    次のコマンドは、ボリューム VolA の効率化メタデータを ONTAP 9.x にリバートします。 volume efficiency revert-to -vserver vs1 -volume VolA -version 9.x ’

    注記 volume efficiency revert-to コマンドは、このコマンドを実行するノードにあるボリュームをリバートします。ノード間でのボリュームのリバートは行いません。
  5. volume efficiency show コマンドに -op-status オプションを指定して、ダウングレードの進捗状況を監視します。

    次のコマンドは、ダウングレードのステータスを監視および表示します。 volume efficiency show -vserver vs1 -op-status Downgrading 」

  6. リバートに失敗した場合は、 volume efficiency show コマンドに -instance オプションを指定して、リバートに失敗した理由を確認します。

    次のコマンドは、すべてのフィールドの詳細情報を表示します。 volume efficiency show -vserver vs1 -volume vol1 -instance ’

  7. リバート処理の完了後、 admin 権限レベルに戻ります。「 set -privilege admin 」