日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI を使用した S3 の設定の概要

寄稿者 netapp-thomi netapp-forry

ONTAP 9 の CLI コマンドを使用して、 SVM のバケットに格納されているオブジェクトへの S3 クライアントアクセスを設定できます。手順には、例と高度な設定オプションが含まれます。

S3 オブジェクトストレージを設定する場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • ONTAP を実行している既存のクラスタから S3 オブジェクトストレージを提供する。

    ONTAP 環境は、ハードウェアや管理の追加なしで既存のクラスタの S3 機能を利用する場合に適しています。300TB を超える環境の場合、ネットアップの解決策ソフトウェアは、オブジェクトストレージ向けの主力製品である StorageGRID として引き続き提供されます。

  • System Manager や自動スクリプトツールではなく、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用する必要がある。

    注記

    バケットに使用するアグリゲートを指定できるようにするには、 CLI を使用する必要があります。

  • すべての選択肢について検討するのではなく、ベストプラクティスに従う。

    コマンド構文の詳細については、 CLI ヘルプおよび ONTAP のマニュアルページを参照してください。

    ONTAP 追加情報テクノロジおよび外部サービスとのやり取りについては、 ONTAP リファレンスライブラリおよびテクニカルレポート( TR )を参照してください。

  • SVM 管理者権限ではなくクラスタ管理者権限を持っている。