日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault バックアップから読み取り専用の LUN コピーにアクセスする

寄稿者

LUN の読み取り専用コピーには、 SnapVault バックアップ内の最新の Snapshot コピーからアクセスできます。LUN の ID 、パス、およびシリアル番号はソース LUN のものとは異なり、あらかじめマッピングしておく必要があります。永続的予約、 LUN マッピング、および igroup は、 SnapVault セカンダリボリュームにレプリケートされません。

必要なもの
  • SnapVault 関係が初期化されていて、 SnapVault セカンダリボリューム内の最新の Snapshot コピーに目的の LUN が含まれている必要があります。

  • SnapVault バックアップがある Storage Virtual Machine ( SVM )に、適切な SAN プロトコル対応の LIF が 1 個以上あり、 LUN コピーへのアクセスに使用するホストからこの LIF にアクセスできることが必要です。

  • SnapVault セカンダリボリュームから LUN コピーに直接アクセスする場合、 SnapVault SVM に事前に igroup を作成しておく必要があります。

    LUN には SnapVault セカンダリボリュームから直接アクセスできます。 LUN を含むボリュームのリストアやクローニングを行う必要はありません。

SnapVault セカンダリボリュームに新しい Snapshot コピーが追加されたときに、以前の Snapshot コピーに LUN がマッピングされている場合、マッピングされた LUN の内容が変更されます。LUN は引き続き同じ ID でマッピングされますが、データは新しい Snapshot コピーから取得されます。LUN のサイズが変更された場合、一部のホストはサイズの変更を自動的に検出します。 Windows ホストでは、サイズ変更を検知するためにディスクの再スキャンが必要です。

手順
  1. lun show コマンドを実行して、 SnapVault セカンダリ・ボリューム内の使用可能な LUN を一覧表示します。

    この例では、プライマリボリューム srcvolA 内の元の LUN と、 SnapVault セカンダリボリューム dstvolB 内のコピーされた LUN の両方が表示されています。

    cluster::> lun show
    
    Vserver   Path                State   Mapped   Type          Size
    --------  ------------------  ------  -------  --------      -------
    vserverA  /vol/srcvolA/lun_A  online  mapped   windows  300.0GB
    vserverA  /vol/srcvolA/lun_B  online  mapped   windows  300.0GB
    vserverA  /vol/srcvolA/lun_C  online  mapped   windows  300.0GB
    vserverB  /vol/dstvolB/lun_A  online  unmapped windows  300.0GB
    vserverB  /vol/dstvolB/lun_B  online  unmapped windows  300.0GB
    vserverB  /vol/dstvolB/lun_C  online  unmapped windows  300.0GB
    
    6 entries were displayed.
  2. 目的のホストの igroup が、 SnapVault セカンダリボリュームがある SVM 内にまだ存在していない場合は、「 igroup create 」コマンドを実行して igroup を作成します。

    このコマンドでは、 iSCSI プロトコルを使用する Windows ホスト用の igroup を作成します。

    cluster::> igroup create -vserver vserverB -igroup temp_igroup
      -protocol iscsi -ostype windows
      -initiator iqn.1991-05.com.microsoft:hostA
  3. lun mapping create コマンドを実行し、目的の LUN コピーを igroup にマッピングします。

    cluster::> lun mapping create -vserver vserverB -path /vol/dstvolB/lun_A
      -igroup temp_igroup
  4. ホストを LUN に接続し、適宜 LUN の内容にアクセスします。