日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FCoE 用にスイッチを設定します

寄稿者 netapp-thomi

既存のイーサネットインフラで FC サービスを実行するには、 FCoE 用にスイッチを設定する必要があります。

必要なもの
  • SAN 構成がサポートされている必要があります。

    サポートされている構成の詳細については、 Interoperability Matrix を参照してください。

  • Unified Target Adapter ( UTA ;ユニファイドターゲットアダプタ)をストレージシステムに設置する必要があります。

    UTA2 を使用する場合は、 cna` モードに設定する必要があります。

  • Converged Network Adapter ( CNA ;統合ネットワークアダプタ)をホストにインストールする必要があります。

手順
  1. スイッチのマニュアルを使用して、 FCoE 用にスイッチを設定します。

  2. 「 dCB show 」コマンドを使用して、クラスタ内の各ノードの DCB 設定が正しく設定されていることを確認します。

    'run -node node1 -command dcb show'

    DCB 設定はスイッチに対して行われます。設定が正しくない場合は、スイッチのマニュアルを参照してください。

  3. fcp adapter show コマンドを使用して、 FC ターゲット・ポートのオンライン・ステータスが「 true 」のときに FCoE ログインが動作していることを確認します。

    'cluster1 ::: > fcp adapter show -fields node 、 adapter 、 status 、 state 、 speed 、 fabric-established 、 physical-protocol'

    FC ターゲットポートのオンラインステータスが「 false 」の場合は、スイッチのマニュアルを参照してください。