日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LUN に対する I/O パフォーマンスは、ストレージ QoS を使用して制御および監視できます

寄稿者

LUN への入出力( I/O )パフォーマンスは、 LUN をストレージ QoS ポリシーグループに割り当てることによって制御できます。I/O パフォーマンスを制御することで、ワークロードが特定のパフォーマンス目標を達成できるようにしたり、他のワークロードに悪影響を与えるワークロードを抑制したりできます。

ポリシーグループは最大スループット制限( 100MB/s など)を適用します。ポリシーグループは最大スループットを指定せずに作成することもでき、ワークロードの制御に先立ってパフォーマンスを監視できます。

FlexVol および LUN が含まれている Storage Virtual Machine ( SVM )をポリシーグループに割り当てることもできます。

ポリシーグループへの LUN の割り当てについては、次の要件に注意してください。

  • LUN は、ポリシーグループが属する SVM に含まれている必要があります。

    SVM は、ポリシーグループを作成するときに指定します。

  • LUN をポリシーグループに割り当てた場合、その LUN を含むボリュームまたは SVM をポリシーグループに割り当てることはできなくなります。

ストレージ QoS の使用方法の詳細については、を参照してください "システムアドミニストレーションリファレンス"

手順
  1. ポリシーグループを作成するには 'qos policy-group create コマンドを使用します

  2. LUN をポリシー・グループに割り当てるには 'lun create コマンドまたは lun modify コマンドに -qos-policy-group パラメータを指定して使用します

  3. パフォーマンス・データを表示するには 'qos statistics コマンドを使用します

  4. 必要に応じて 'qos policy-group modify コマンドを使用して ' ポリシーグループの最大スループット制限を調整します