日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN 環境でのデータ保護方法の概要

寄稿者 netapp-thomi

データを保護するには、データのコピーを作成して、誤ってデータを削除した場合、アプリケーションがクラッシュした場合、データが破損した場合、災害が発生した場合にそのコピーをリストアできるようにします。データ保護およびバックアップのニーズに応じて、 ONTAP では、データを保護するためのさまざまな方法を提供しています。

SnapMirror のビジネス継続性( SM-BC )

ONTAP 9.9.9..1 で一般的な可用性が導入され、ゼロリカバリ時間目標(ゼロ RTO )または透過的なアプリケーションフェイルオーバー( TAF )が提供され、 SAN 環境でビジネスクリティカルなアプリケーションの自動フェイルオーバーが可能になりました。SM-BC を使用するには、 2 つの AFF クラスタまたは 2 つの All SAN Array ( ASA )クラスタを含む構成で ONTAP メディエーター 1.2 をインストールする必要があります。

Snapshot コピー

LUN の複数のバックアップを手動または自動で作成、スケジュール、および保守できます。Snapshot コピーは、最小限のボリュームスペースしか使用せず、パフォーマンスコストもかかりません。LUN データを誤って変更または削除した場合は、最新のいずれかの Snapshot コピーからデータをすばやく簡単にリストアできます。

FlexClone LUN ( FlexClone のライセンスが必要)

アクティブボリューム内や Snapshot コピー内にある別の LUN の書き込み可能なポイントインタイムコピーを提供します。クローンとその親は、相互に影響を及ぼさずに個別に変更できます。

SnapRestore (ライセンスが必要)

ボリューム全体の Snapshot コピーから高速かつスペース効率に優れたデータリカバリを必要に応じて実行できます。SnapRestore を使用すると、ストレージシステムをリブートしなくても、 LUN を以前保存した状態にリストアできます。

データ保護ミラーコピー( SnapMirror のライセンスが必要)

非同期のディザスタリカバリを提供します。そのために、ボリューム上にあるデータの Snapshot コピーを定期的に作成し、それらの Snapshot コピーを通常は別のクラスタ上にあるパートナーボリュームにローカルエリアネットワークまたはワイドエリアネットワーク経由でコピーして保持します。ソースボリューム上のデータが破損した場合や失われた場合には、パートナーボリューム上のミラーコピーにより、最新の Snapshot コピーの時点におけるデータをすぐに使用およびリストアすることができます。

SnapVault バックアップ( SnapMirror のライセンスが必要)

ストレージ効率に優れた、長期間保持できるバックアップを提供します。SnapVault 関係により、ボリュームの選択した Snapshot コピーをデスティネーションボリュームにバックアップし、保持することができます。

テープバックアップおよびアーカイブ処理を行っている場合は、 SnapVault セカンダリボリュームにすでにバックアップされているデータに対してそれらの処理を実行できます。

SnapDrive for Windows または UNIX ( SnapDrive ライセンスが必要)

LUN へのアクセスを設定し、 LUN を管理し、ストレージシステムの Snapshot コピーを Windows ホストまたは UNIX ホストから直接管理します。

ネイティブテープバックアップ / リカバリ

ONTAP はほとんどの既存のテープドライブに対応しており、テープベンダーが新しいデバイスのサポートを動的に追加するための方策も用意されています。ONTAP は Remote Magnetic Tape ( RMT )プロトコルもサポートしているため、 RMT 対応システムへのバックアップやリカバリも可能です。