日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イニシエータのセキュリティポリシー方式を定義します

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

イニシエータとその認証方法の一覧を定義できます。ユーザ定義の認証方法がない環境イニシエータに対するデフォルトの認証方法を変更することもできます。

製品のセキュリティポリシーアルゴリズムを使用して一意のパスワードを生成することも、使用するパスワードを手動で指定することもできます。

注記

すべてのイニシエータが 16 進数 CHAP シークレットパスワードをサポートしているわけ

手順
  1. イニシエータのセキュリティ・ポリシー方式を作成するには 'vserver iscsi security create コマンドを使用します

    vserver iscsi security create -vserver vs2 -initiator iqn.1991-05.com.microsoft:host1 -auth-type chap -user-name BOB1 -outbound-user-name bob2`

  2. 画面に表示されるコマンドに従ってパスワードを追加します。

    インバウンドとアウトバウンドの CHAP ユーザ名およびパスワードを使用して、イニシエータ iqn.1991-05.com.microsoft:host1 のセキュリティポリシー方式を作成します。