• ホーム
  • ドキュメント
  • ONTAP 9
  • イニシエータのインターフェイスを制限する iSCSI インターフェイスアクセスリストの使用方法によって、パフォーマンスとセキュリティが向上する可能性があります
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イニシエータのインターフェイスを制限する iSCSI インターフェイスアクセスリストの使用方法によって、パフォーマンスとセキュリティが向上する可能性があります

寄稿者

iSCSI インターフェイスアクセスリストを使用して、イニシエータがアクセスできる SVM 内の LIF の数を制限できます。これにより、パフォーマンスとセキュリティが向上します。

イニシエータが iSCSI の「 endTargets 」コマンドを使用して検出セッションを開始すると、アクセスリストに含まれる LIF (ネットワークインターフェイス)に関連付けられている IP アドレスがイニシエータに渡されます。デフォルトでは、すべてのイニシエータが SVM 内のすべての iSCSI LIF にアクセスできます。アクセスリストを使用すると、イニシエータがアクセスできる SVM 内の LIF の数を制限できます。