日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラスタ SAN 環境での LIF に関する注意事項

寄稿者

SAN 環境で LIF を使用する際の注意事項は次のとおりです。

  • SAN iSCSI または FC 環境でクラスタのフェイルオーバー機能を利用する場合、 SAN は LIF の自動フェイルオーバーをサポートしていないため、イニシエータで Multipath I/O ( MPIO ;マルチパス I/O )と Asymmetric Logical Unit Access ( ALUA ;非対称論理ユニットアクセス)を使用する必要があります。

  • マッピングされた LUN をホストするノードとその HA パートナーのそれぞれで、該当するプロトコルの SAN LIF が少なくとも 1 つ設定されている必要があります。

    ノードごとに 2 つの LIF を設定できます。 LIF は、 iSCSI 用のイーサネットネットワークを分離するために、 FC で使用するファブリックごとに 1 つずつ使用します。

  • iSCSI または FC については、一部のオプションを使用できません。

    たとえば、 FC では IP アドレスを使用できません。