日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAN LIF を移動します

寄稿者

ノードをオフラインにする必要がある場合、 SAN LIF を移動して WWPN などの設定情報を保持しておけば、スイッチファブリックの再ゾーニングを行わずに済みます。SAN LIF は移動前にオフラインにする必要があるため、ホストトラフィックについては、ホストマルチパスソフトウェアを使用して、 LUN への無停止アクセスを確保する必要があります。SAN LIF はクラスタ内の任意のノードに移動できますが、 SAN LIF を別の Storage Virtual Machine ( SVM )に移動することはできません。

LIF がポートセットのメンバーである場合、 LIF を別のノードに移動する前に、その LIF をポートセットから削除しておく必要があります。

移動する LIF のデスティネーションノードおよび物理ポートは、同じ FC ファブリック上またはイーサネットネットワーク上に存在する必要があります。適切にゾーニングされていない別のファブリック上に LIF を移動したり、 iSCSI イニシエータとターゲットを接続していないイーサネットネットワーク上に LIF を移動したりすると、その LIF をオンラインに戻しても接続できなくなります。

手順
  1. LIF の管理ステータスと動作ステータスを表示します。

    「 network interface show -vserver_vserver_name _ 」のように表示されます

  2. LIF のステータスを「自身」(オフライン)に変更します。

    「 network interface modify -vserver vserver_name _ -lif lif_name --status-admin down 」を参照してください

  3. LIF を新しいノードとポートに割り当てます。

    「 network interface modify -vserver vserver_name lif_lif_name-home-node_name -home-node _node_name _-home-port port_name _ ’

  4. LIF のステータスを up (オンライン)に変更します。

    「 network interface modify -vserver vserver_name __ -lif LIF_name -status-admin up

  5. 変更内容を確認します。

    「 network interface show -vserver_vserver_name _ 」のように表示されます