日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SVM を iSNS サーバに登録する

寄稿者

iSNS サーバに登録するように Storage Virtual Machine ( SVM )を設定するには、「 vserver iscsi isns 」コマンドを使用します。

vserver iscsi isns create コマンドは、 SVM を iSNS サーバに登録します。SVM には、 iSNS サーバの設定や管理を行うコマンドはありません。iSNS サーバを管理するには、 iSNS サーバのベンダーが提供するサーバ管理ツールまたはインターフェイスを使用します。

手順
  1. iSNS サーバで、 iSNS サービスが開始しており、サービスを提供可能な状態であることを確認します。

  2. データポートに SVM 管理 LIF を作成します。

    「 network interface create -vserver svm_name _ -lif lif_name _ -role data -data-protocol none -home-node _home_node_name _ -home-port home_port_IP_address _-netmask network_mask 」のようになります

  3. SVM に iSCSI サービスがない場合は作成します。

    「 vserver iscsi create -vserver_svm_name_` 」のように指定します

  4. iSCSI サービスが正常に作成されたことを確認します。

    iscsi show -vserver_svm_name_`

  5. SVM のデフォルトルートが存在していることを確認します。

    「 network route show -vserver _svm_name 」をクリックします

  6. SVM のデフォルトルートが存在しない場合は、デフォルトルートを作成します。

    「 network route create -vserver svm_name 」 -destination_destination-gateway_`

  7. iSNS サービスに登録するように SVM を設定します。

    vserver iscsi isns create -vserver _svm_name -address_ip_address _`

    IPv4 アドレスファミリーと IPv6 アドレスファミリーの両方がサポートされています。iSNS サーバのアドレスファミリーは、 SVM 管理 LIF のアドレスファミリーと同じである必要があります。

    たとえば、 IPv4 アドレスを使用する SVM 管理 LIF を、 IPv6 アドレスを使用する iSNS サーバに接続することはできません。

  8. iSNS サービスが実行されていることを確認します。

    vserver iscsi isns show -vserver_svm_name_`

  9. iSNS サービスが実行されていない場合は、 iSNS サービスを開始します。

    「 vserver iscsi isns start -vserver _svm_name _ 」という名前になります