日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリューム内のすべての LUN を SnapVault バックアップからリストアします

寄稿者

ボリューム内の 1 つ以上の LUN を SnapVault バックアップからリストアする必要がある場合は、ボリューム全体をリストアできます。ボリュームをリストアする場合は、ボリューム内のすべての LUN が対象になります。

SnapVault 関係が初期化されていて、 SnapVault セカンダリボリュームに、リストアに使用する適切な Snapshot コピーが含まれている必要があります。

ボリューム全体をリストアすると、ボリュームの状態は、リストアに使用した Snapshot コピーが作成された時点の状態に戻ります。Snapshot コピーの作成後にボリュームに追加された LUN がある場合、その LUN はリストアの過程で削除されます。

ボリュームのリストア後も、 LUN と igroup とのマッピングはリストアの直前と同じ状態が維持されます。LUN のマッピングは、 Snapshot コピー作成時点のマッピングとは異なる場合があります。ホストクラスタによる LUN の永続的予約は維持されます。

手順
  1. ボリューム内のすべての LUN に対する I/O を停止します。

  2. 「 snapmirror-show 」コマンドを実行して、 SnapVault セカンダリボリュームがあるセカンダリボリュームを確認します。

    cluster::> snapmirror show
    
    Source         Dest     Mirror  Relation  Total             Last
    Path     Type  Path     State   Status    Progress  Healthy Updated
    -------- ---- --------- ------- --------- --------- ------- -------
    vserverA:srcvolA
             XDP  vserverB:dstvolB
                            Snapmirrored
                                    Idle       -         true    -
  3. volume snapshot show コマンドを実行し、リストア元となる Snapshot コピーを特定します。

    cluster::> volume snapshot show
    
    Vserver  Volume  Snapshot               State Size   Total% Used%
    -------- ------- ---------------------- ----- ------ ------ -----
    vserverB
             dstvolB
                     snap2.2013-02-10_0010  valid  124KB     0%    0%
                     snap1.2013-02-10_0015 valid  112KB     0%    0%
                     snap2.2013-02-11_0010  valid  164KB     0%    0%
  4. 「 snapmirror-restore 」コマンドを実行し、「 -source-snapshot 」オプションを指定して、使用する Snapshot コピーを指定します。

    リストア先として指定するのは、リストア先の元のボリュームです。

    cluster::> snapmirror restore -destination-path vserverA:srcvolA
      -source-path vserverB:dstvolB -source-snapshot daily.2013-02-10_0010
    
    Warning: All data newer than Snapshot copy hourly.2013-02-11_1205 on
    volume vserverA:src_volA will be deleted.
    Do you want to continue? {y|n}: y
    [Job 98] Job is queued: snapmirror restore from source
    "vserverB:dstvolB" for the snapshot daily.2013-02-10_0010.
  5. ホストクラスタ間で LUN を共有している場合は、影響を受けるホストから LUN に対する永続的予約をリストアします。

SnapVault バックアップからのボリュームのリストア

次の例では、 Snapshot コピーの作成後に lun_D という名前の LUN がボリュームに追加されています。Snapshot コピーからボリューム全体をリストアしたあと、 lun_D は表示されなくなります。

「 lun show 」コマンドの出力では、プライマリボリューム srcvolA 内にある LUN と、 SnapVault セカンダリボリューム dstvolB 内にある、これらの LUN の読み取り専用コピーを確認できます。SnapVault バックアップに lun_D のコピーはありません。

cluster::> lun show
Vserver   Path                State   Mapped   Type          Size
--------- ------------------  ------- -------- --------      -------
vserverA  /vol/srcvolA/lun_A  online  mapped   windows  300.0GB
vserverA  /vol/srcvolA/lun_B  online  mapped   windows  300.0GB
vserverA  /vol/srcvolA/lun_C  online  mapped   windows  300.0GB
vserverA  /vol/srcvolA/lun_D  online  mapped   windows  250.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_A  online  unmapped windows  300.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_B  online  unmapped windows  300.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_C  online  unmapped windows  300.0GB

7 entries were displayed.

cluster::>snapmirror restore -destination-path vserverA:srcvolA
  -source-path vserverB:dstvolB
  -source-snapshot daily.2013-02-10_0010

Warning: All data newer than Snapshot copy hourly.2013-02-11_1205
on volume vserverA:src_volA will be deleted.
Do you want to continue? {y|n}: y
[Job 98] Job is queued: snapmirror restore from source
"vserverB:dstvolB" for the snapshot daily.2013-02-10_0010.

cluster::> lun show
Vserver   Path                State   Mapped   Type          Size
--------- ------------------  ------- -------- --------      -------
vserverA  /vol/srcvolA/lun_A  online  mapped   windows  300.0GB
vserverA  /vol/srcvolA/lun_B  online  mapped   windows  300.0GB
vserverA  /vol/srcvolA/lun_C  online  mapped   windows  300.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_A  online  unmapped windows  300.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_B  online  unmapped windows  300.0GB
vserverB  /vol/dstvolB/lun_C  online  unmapped windows  300.0GB

6 entries were displayed.

ボリュームが SnapVault セカンダリボリュームからリストアされると、ソースボリュームには lun_D が存在しなくなりますリストア後もソースボリューム内の LUN のマッピングは維持されるため、再マッピングする必要はありません。