日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーから単一の LUN をリストアします

寄稿者

ボリューム全体をリストアすることなく、ボリューム内の単一 LUN のみを Snapshot コピーからリストアできます。LUN は、元の場所またはボリューム内の新しいパスにリストアできます。この処理では、ボリューム内の他のファイルまたは LUN に影響を与えることなく、単一の LUN だけがリストアされます。ファイルは、ストリームを使用してリストアすることもできます。

必要なもの
  • リストア処理を完了するには、ボリュームに十分なスペースが必要です。

    • フラクショナルリザーブが 0% のスペースリザーブ LUN をリストアする場合、リストアする LUN と同じサイズのスペースが必要です。

    • フラクショナルリザーブが 100% のスペースリザーブ LUN をリストアする場合、リストアする LUN の 2 倍のサイズのスペースが必要です。

    • スペースリザーブなしの LUN をリストアする場合、リストアする LUN が実際に使用しているスペースのみが必要です。

  • デスティネーション LUN の Snapshot コピーを作成しておく必要があります。

    リストア処理が失敗すると、デスティネーション LUN が切り捨てられる可能性があります。このような場合は、 Snapshot コピーを使用してデータ損失を防ぐことができます。

  • ソース LUN の Snapshot コピーを作成しておく必要があります。

    まれに、 LUN のリストアに失敗したときに、ソース LUN が使用不能になることがあります。この場合、 Snapshot コピーを使用して、リストアを試みる直前の状態に LUN を復帰させることができます。

  • デスティネーション LUN とソース LUN の OS タイプが同じである必要があります。

    デスティネーション LUN の OS タイプがソース LUN の OS タイプと異なる場合は、リストア処理後、ホストからデスティネーション LUN へのデータアクセスが失われる可能性があります。

手順
  1. ホストから、 LUN へのホストアクセスをすべて停止します。

  2. ホスト上の LUN をアンマウントして、ホストが LUN にアクセスできないようにします。

  3. LUN のマッピングを解除します。

    「 lun mapping delete -vserver vserver_name _ -volume_name-lun_lun_name -igroup_igroup_name _ 」

  4. LUN のリストア先にする Snapshot コピーを決定します。

    'volume snapshot show -vserver_name_-volume_name_`

  5. LUN をリストアする前に、 LUN の Snapshot コピーを作成します。

    'volume snapshot create -vserver_name_-volume_name_-snapshot_snapshot_name_`

  6. ボリューム内の指定した LUN をリストアします。

    'volume snapshot restore-file -vserver_name_-volume_name_-snapshot_snapshot_name __ path_lun_path です

  7. 画面の手順に従います。

  8. 必要に応じて、 LUN をオンラインにします。

    lun modify -vserver_name_-path_lun_path --state online

  9. 必要に応じて、 LUN を再マッピングします。

    lun mapping create -vserver_name_-volume_name_-lun_lun_name -igroup_igroup_name _ -igroup_igroup_name _

  10. ホストから、 LUN を再マウントします。

  11. ホストから、 LUN へのアクセスを再開します。