日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC アダプタをターゲットモードに設定します

寄稿者 netapp-thomi

オンボードアダプタの個々の FC ポートや特定の FC アダプタカードをターゲットモードに設定できます。ターゲットモードは、ポートを FC イニシエータに接続するために使用します。

オンボードの FC ポートは、それぞれイニシエータまたはターゲットとして個別に構成できます。一部の FC アダプタのポートについては、オンボードの FC ポートと同様に、それぞれターゲットポートまたはイニシエータポートとして個別に構成することもできます。ターゲットモードに設定できるアダプタのリストは、で確認できます "NetApp Hardware Universe の略"

FC アダプタを構成する手順は、 FC プロトコルでも FC-NVMe プロトコルでも同じです。ただし、 FC-NVMe をサポートする FC アダプタは限られています。を参照してください "NetApp Hardware Universe の略" FC-NVMe プロトコルをサポートするアダプタの一覧が表示されます。

手順
  1. アダプタをオフラインにします。

    'node run -node node_name _storage disable adapter -d _adapter_port _`

    アダプタがオフラインにならない場合は、システムの該当するアダプタポートからケーブルを取り外すこともできます。

  2. アダプタをイニシエータからターゲットに変更します。

    「 system hardware unified-connect modify -t target_adapter_port _ 」

  3. 変更したアダプタをホストしているノードをリブートします。

  4. ターゲットポートの設定が正しいことを確認します。

    「 network fcp adapter show -node-node_name _ 」のように指定します

  5. アダプタをオンラインにします。

    「 network fcp adapter modify -node node_name --adapter_adapter_adapter_adapter_port __ -state up 」の形式で指定します