日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シングルノードを使用する iSCSI SAN ホストの構成方法

寄稿者

iSCSI SAN ホストは、単一のノードに直接接続するか、 1 つまたは複数の IP スイッチを使用して接続するように構成できます。完全な冗長性が不要な場合はシングルスイッチ構成、完全な冗長性が必要な場合はマルチスイッチ構成を使用します。

iSCSI SAN ホストは、直接接続型、シングルスイッチ、またはマルチスイッチの環境で構成できます。ノードに接続しているホストが複数ある場合は、各ホストでオペレーティングシステムが同じである必要はありません。単一ネットワークおよびマルチネットワークの構成では、ノードから複数の iSCSI 接続でスイッチに接続できますが、この構成には ALUA をサポートするマルチパスソフトウェアが必要になります。

注記

ホストからコントローラへのパスが複数ある場合は、ホストで ALUA を有効にする必要があります。

直接接続型のシングルノード構成

直接接続型の構成では、 1 つ以上のホストをノードに直接接続します。

1 つ以上のホストをノードに直接接続した、直接接続型のコントローラの図

シングルネットワークのシングルノード構成

シングルネットワークのシングルノード構成では、 1 つのノードを 1 台のスイッチで 1 つまたは複数のホストに接続します。スイッチが 1 台しかないため、この構成では完全な冗長性は確保されません。

r OC は iSCSI シングルレンエワークシングルコードを設定します

マルチネットワークのシングルノード構成

マルチネットワークのシングルノード構成では、 1 つのノードを複数のスイッチで 1 つまたは複数のホストに接続します。スイッチが複数あるため、この構成では完全な冗長性が確保されます。

SCRN en drw iSCSI multinw singlen