日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

デュアルファブリックの HA ペアのゾーニング

寄稿者 netapp-thomi

デュアルファブリック構成では、各ホストイニシエータを各クラスタノードに接続できます。各ホストイニシエータは、異なるスイッチを使用してクラスタノードにアクセスできます。複数のパスを管理するには、ホストにマルチパスソフトウェアが必要です。

1 つのコンポーネントで障害が発生してもデータへのアクセスは維持されるため、デュアルファブリック構成はハイアベイラビリティとみなされます。

次の図では、ホストに 2 つのイニシエータがあり、マルチパスソフトウェアを実行しています。2 つのゾーンがあります。SLM では、すべてのノードがレポートノードとなるように設定されています。

注記

この図で使用されている命名規則は、 ONTAP 解決策で使用できる一例です。

  • ゾーン 1 : HBA 0 、 LIF_1 、 LIF_3 、 LIF_5 、および LIF_7

  • ゾーン 2 : HBA 1 、 LIF_2 、 LIF_4 、 LIF_6 、および LIF_8

各ホストイニシエータは、異なるスイッチを使用してゾーニングされています。ゾーン 1 には、スイッチ 1 からアクセスします。ゾーン 2 には、スイッチ 2 からアクセスします。

各イニシエータは、すべてのノードの LIF にアクセスできます。これにより、あるノードで障害が発生しても、ホストは引き続き LUN にアクセスできます。SVM は、選択的 LUN マップ( SLM )とレポートノードの設定に基づいて、 clustered 解決策のすべてのノードのすべての iSCSI LIF と FC LIF にアクセスできます。SLM 、ポートセット、または FC スイッチゾーニングを使用することで、 SVM からホストへのパスの数と SVM から LUN へのパスの数を少なくすることができます。

これよりもノード数が多い構成では、追加のノードの LIF がこれらのゾーンに配置されます。

デュアルファブリックゾーニング
注記

ホスト OS とマルチパスソフトウェアが、ノード上の LUN へのアクセスに使用される数のパスをサポートしている必要があります。