日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC 構成の概要に関する考慮事項

寄稿者 netapp-thomi

FC 構成をセットアップするときは、次の点に注意してください。

  • FC 構成は、単一ファブリックまたはマルチファブリックを使用してシングルノードまたは HA ペアで構成できます。

  • ノードごとに 2 つの FC データ LIF を設定する必要があります。

    これにより冗長性が確保され、データアクセスの中断を回避できます。

  • SAN をサポートする Storage Virtual Machine ( SVM )ごとに管理 LIF を 1 つ設定する必要があります。

  • Windows 、 Linux 、 UNIX など、異なるオペレーティングシステムを使用する複数のホストから、ストレージ解決策に同時にアクセスできます。

    ホストには、サポートされるマルチパス解決策をインストールおよび設定する必要があります。サポートされるオペレーティングシステムとマルチパスソリューションについては、 Interoperability Matrix を参照してください。

  • ONTAP では、シングルノード、デュアルノード、またはマルチノードのソリューションで、物理的に独立した複数のストレージファブリックに接続できます。 SAN ソリューションでは 2 つ以上接続することを推奨します。

    これにより、ファブリック層とストレージシステム層で冗長性が確保されます。一般にこれらのレイヤは多くのホストをサポートするため、冗長性は特に重要です。

  • 異機種混在の FC スイッチファブリックの使用は、組み込みのブレードスイッチ以外はサポートされていません。

    個別の例外については、 Interoperability Matrix を参照してください。

  • カスケードファブリック、部分メッシュファブリック、フルメッシュファブリック、コアエッジファブリック、およびディレクタファブリックは、 FC スイッチをファブリックに接続する業界標準の方法であり、いずれもサポートされます。

    ファブリックは 1 つまたは複数のスイッチで構成できます。また、ストレージコントローラは複数のスイッチに接続することができます。