日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC-NVMe 構成に関する考慮事項

寄稿者 netapp-forry netapp-thomi

ONTAP 9.4 以降では、 NVMe ( Non-Volatile Memory Express )プロトコルを SAN 環境で使用できます。FC-NVMe を使用すると、 AFF システムで既存の FC ネットワークを介して NVMe を実行できます。NVMe で使用される物理的なセットアップとゾーニングの手法は従来の FC ネットワークと同じですが、 NVMe は FC-SCSI と比べて帯域幅が広く、 IOPS が高く、レイテンシも低減されます。

サポートされている構成:

  • NVMe は、 32G FC ポートを備えた AFF プラットフォームでサポートされます。

  • FC-NVMe 構成は、単一ファブリックまたはマルチファブリックを使用してシングルノードまたは HA ペアで構成できます。

  • NVMe は 4 ノード以下のクラスタでサポートされます。

  • NVMe は Storage Virtual Machine ( SVM )の唯一のデータプロトコルにすることができます。

  • クラスタあたり最大 8 つの NVMe SVM がサポートされます。

  • データ LIF で使用できるデータプロトコルは FC-NVMe のみです。

  • LUN とネームスペースを同じボリュームに混在させることはできません。

  • SAN をサポートする SVM ごとに管理 LIF を 1 つ設定する必要があります。

  • 異機種混在の FC スイッチファブリックの使用は、組み込みのブレードスイッチ以外はサポートされていません。

    特定の例外については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

  • カスケードファブリック、部分メッシュファブリック、フルメッシュファブリック、コアエッジファブリック、およびディレクタファブリックは、 FC スイッチをファブリックに接続する業界標準の方法であり、いずれもサポートされます。

    ファブリックは 1 つまたは複数のスイッチで構成できます。また、ストレージコントローラは複数のスイッチに接続することができます。

機能拡張:

サポートされる機能

開始元

ネームスペースがマッピングされたボリュームの移動

ONTAP 9.6

ネームスペースは 512 バイトブロックと 4096 バイトブロックをサポートしています。デフォルト値は +4096 です。ホストオペレーティングシステムで 4096 バイトブロックがサポートされていない場合のみ、 512 を使用してください。

ONTAP 9.6

マルチパス HA ペアのフェイルオーバー / ギブバック

ONTAP 9.5

次の説明は、 ONTAP 9.4 を実行しているノードのみに該当します。

  • NVMe の LIF とネームスペースは、同じノードでホストする必要があります。

  • NVMe LIF を作成する前に、 NVMe サービスを作成する必要があります。

ONTAP の次の機能は、 NVMe 構成ではサポートされません。

  • NVMe ネームスペースを移動しました

  • NVMe ネームスペース(オンデマンドコピー)

  • Data ONTAP 7-Mode から移行されたボリュームでのネームスペースの作成

  • 同期

  • Virtual Storage Console の略

  • アプリケーション対応( AppDM / 分散配置)

を参照してください "NetApp Hardware Universe の略" をクリックしてください。