日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FC スイッチ構成のベストプラクティス

寄稿者 netapp-thomi

FC スイッチを構成するときは、パフォーマンスを最大限に高めるために一定のベストプラクティスに従うことを推奨します。

FC スイッチの構成では、リンク速度を固定の値に設定すると効果的です。これは大規模なファブリックに特に適した方法で、ファブリックを再構築する際のパフォーマンスが最大限に高まり、時間を大幅に短縮することができます。自動ネゴシエーションは柔軟性に優れていますが、 FC スイッチの構成では期待したパフォーマンスを常に得られるとはかぎらないため、全体の構築時間は長くなります。

ファブリックに接続されているすべてのスイッチで、 N_Port ID Virtualization ( NPIV )がサポートされていて有効になっている必要があります。ONTAP は、 NPIV を使用して FC ターゲットをファブリックに提示します。

サポートされている環境の詳細については、を参照してください "NetApp Interoperability Matrix Tool で確認できます"

FC および iSCSI のベストプラクティスについては、を参照してください "Best Practices for Scalable SAN - ONTAP 9 を参照してください"