日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FCoE でサポートされるホップ数

寄稿者

ホストとストレージシステムの間でサポートされる Fibre Channel over Ethernet ( FCoE )の最大ホップ数は、スイッチベンダー、およびストレージシステムでの FCoE 構成のサポート内容によって異なります。

ホップ数とは、イニシエータ(ホスト)とターゲット(ストレージシステム)の間のパスにあるスイッチ数です。Cisco Systems のマニュアルでは、この値のことを「 SAN fabric_ の直径」とも呼んでいます。

FCoE では、 FCoE スイッチを FC スイッチに接続することができます。

エンドツーエンドの FCoE 接続では、イーサネットの Inter-Switch Link ( ISL ;スイッチ間リンク)に対応したバージョンのファームウェアが FCoE スイッチで実行されている必要があります。

次の表に、サポートされる最大ホップ数を示します。

スイッチベンダー サポートされるホップ数

Brocade

FC の場合は 7

FCoE の場合は 5

シスコ

7.

FCoE スイッチは 3 台まで使用できます。