日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

iSCSI 構成の概要に関する考慮事項

寄稿者

iSCSI 構成をセットアップする際は、次の点を考慮してください。

  • iSCSI 構成は、シングルノードまたは HA ペアで構成できます。

    直接接続またはイーサネットスイッチの使用がサポートされています。どちらのタイプの接続でも、 LIF を作成する必要があります

  • SAN をサポートする Storage Virtual Machine ( SVM )ごとに管理 LIF を 1 つ設定する必要があります。

  • HA ペアによって所有されている LUN へのアクセスに使用されているパスは、選択的 LUN マッピング( SLM )で制限されます。

    これは、 ONTAP リリースで作成された LUN のデフォルトの動作です。

  • ALUA を使用した LUN へのアクセスにホストで使用される「アクティブ / 最適化」パスと「アクティブ / 非最適化」パスについては、 HA ペアがレポートノードとして定義されます。

  • 冗長性を確保し、複数のパス間の MPIO を実現するために、 iSCSI 構成のすべての SVM でノードごとに少なくとも 2 つの LIF を作成して別々のイーサネットネットワークに配置することを推奨します。

  • HA ペアの各ノードから 1 つ以上の iSCSI パスを作成し、 HA ペアで処理する LUN に論理インターフェイス( LIF )を使用してアクセスできるようにする必要があります。

    ノードで障害が発生した場合、 LIF は障害が発生したパートナーノードの IP アドレスを引き継ぎません。代わりに、 MPIO ソフトウェアが、ホストの ALUA を使用して、 LIF 経由で LUN にアクセスするための適切なパスを選択します。

  • VLAN を使用すると、セキュリティの強化やネットワークの信頼性の向上など、 iSCSI に求められるメリットを実現することができます。