日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MetroCluster 環境における SAN 構成に関する考慮事項

寄稿者 netapp-thomi

MetroCluster 環境で SAN 構成を使用する際の注意事項は次のとおりです。

  • 2 ノード、 4 ノード、および 8 ノードの MetroCluster 構成では、フロントエンド FC ファブリックの「ルーテッド」 VSAN 構成はサポートされません。

  • 2 ノード、 4 ノード、および 8 ノードの MetroCluster 構成では、 SAN プロトコルがサポートされます。

  • SAN クライアント構成を使用している場合は、 Interoperability Matrix Tool ( IMT )に付属の注意事項に MetroCluster 構成に関する注意事項がないかどうかを確認してください。

  • フロントエンド SAN の両側で MetroCluster が同じ WWPN を使用している。

    古いポートがオフラインになり、新しいポートがオンラインになったときの重複を避けるには、次の手順に従ってフロントエンドスイッチを設定します。

    方法

    次の手順を実行します。

    Cisco スイッチ

    1. スイッチに接続してログインします。

    2. コンフィギュレーションモードを開始します。

      switch# config t
      switch(config)#
    3. ネームサーバデータベースの最初のデバイスエントリを新しいデバイスで上書きします。

      switch(config)# no fcns reject-duplicate-pwwn vsan 1
    4. NX-OS 8.x を実行しているスイッチで、 flogi quiesce タイムアウトが 0 に設定されていることを確認します。

      1. 休止期間を表示します。

        'Switch (config)# show flogi interval info

    I quiesce ’

    + …​. Stats: fs flogi quiesce timerval: 0 …​. …​ 前の手順の出力で時刻がゼロであることが示されない場合は、 0 に設定します。 + 'Switch (config)# flogi scale enable`

    + 'Switch (config)# flogi quiesce timeout 0`

    Brocade スイッチ

MetroCluster 固有のホスト情報の詳細については、ネットアップナレッジベースの次の記事を参照してください。