日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

単一ファブリックゾーニング

寄稿者

単一ファブリック構成でも、各ホストイニシエータを各ストレージノードに接続できます。複数のパスを管理するには、ホストにマルチパスソフトウェアが必要です。マルチパスで解決策の耐障害性を確保するには、各ホストに 2 つのイニシエータが必要です。

各イニシエータには、アクセス可能なノードの LIF を少なくとも 1 つ割り当てる必要があります。ホストイニシエータからクラスタ内の HA ペアのノードへのパスが少なくとも 1 つあるようにゾーニングを設定して、 LUN 接続用のパスを提供する必要があります。つまり、ホスト上の各イニシエータには、そのゾーン構成内のノードごとにターゲット LIF が 1 つだけ割り当てられます。クラスタ内の同じノードまたは複数のノードへのパスが複数必要な場合は、ゾーン構成内の各ノードに複数の LIF を割り当てます。これにより、あるノードに障害が発生した場合や、 LUN を含むボリュームが別のノードに移動した場合も、ホストは引き続き LUN にアクセスできます。この場合、レポートノードを適切に設定する必要もあります。

単一ファブリック構成はサポートされていますが、可用性に優れているとはみなされません。1 つのコンポーネントで障害が発生すると、原因によるデータアクセスが失われる可能性があります。

次の図では、ホストに 2 つのイニシエータがあり、マルチパスソフトウェアを実行しています。次の 2 つのゾーンがあります。

注記

この図で使用されている命名規則は、 ONTAP 解決策で使用できる一例です。

  • ゾーン 1 : HBA 0 、 LIF_1 、および LIF_3

  • ゾーン 2 : HBA 1 、 LIF_2 、および LIF_4

これよりもノード数が多い構成では、追加のノードの LIF がこれらのゾーンに配置されます。

単一ファブリックゾーニング

この例では、各ゾーンに 4 つの LIF をすべて配置することもできます。その場合のゾーンは次のようになります。

  • ゾーン 1 : HBA 0 、 LIF_1 、 LIF_2 、 LIF_3 、および LIF_4

  • ゾーン 2 : HBA 1 、 LIF_1 、 LIF_2 、 LIF_3 、および LIF_4

注記

ホスト OS とマルチパスソフトウェアが、ノード上の LUN へのアクセスに使用される数のパスをサポートしている必要があります。ノードの LUN へのアクセスに使用するパスの数については、 SAN 構成の制限に関するセクションを参照してください。