日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

共有 SAN 構成の要件

寄稿者

共有 SAN 構成とは、ホストを ONTAP ストレージシステムと他社のストレージシステムの両方に接続する構成です。単一のホストから ONTAP ストレージシステムと他社のストレージシステムにアクセスする場合は、いくつかの要件を満たす必要があります。

いずれのホストオペレーティングシステムでも、各ベンダーのストレージシステムへの接続には別々のアダプタを使用することを推奨します。別々のアダプタを使用すると、ドライバや設定が競合する可能性が低くなります。ONTAP ストレージシステムへの接続には、 NetApp Interoperability Matrix Tool にサポート対象として記載されたアダプタモデル、 BIOS 、ファームウェア、ドライバを使用する必要があります。

必須または推奨のタイムアウト値やホストのその他のストレージパラメータを設定します。ネットアップソフトウェアのインストールやネットアップ設定の適用は必ず最後に行ってください。

  • AIX の場合、構成に対応する AIX Host Utilities バージョンの値を Interoperability Matrix Tool で確認して適用します。

  • ESX の場合、 Virtual Storage Console for VMware vSphere を使用してホスト設定を適用します。

  • HP-UX の場合、 HP-UX のデフォルトのストレージ設定を使用します。

  • Linux の場合、構成に対応する Linux Host Utilities バージョンの値を Interoperability Matrix Tool で確認して適用します。

  • Solaris の場合、構成に対応する Solaris Host Utilities バージョンの値を Interoperability Matrix Tool で確認して適用します。

  • Windows の場合、構成に対応する Windows Host Utilities のバージョンを Interoperability Matrix Tool で確認してインストールします。