日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows クライアントを使用して、クライアント側の SMB 自動ノードリファーラル情報を監視します

寄稿者 netapp-thomi

クライアント側から発行されているリファーラルを確認するには、 Windows の fsutil .exe ユーティリティを使用します。

Windows 7 以降のクライアントで利用可能なリモートサーバ管理ツール (RSAT) キットには、「 dfsutil .exe 」ユーティリティが含まれています。このユーティリティを使用すると、リファーラルキャッシュの内容に関する情報を表示できるほか、クライアントで現在使用されている各リファーラルに関する情報を表示できます。また、このユーティリティを使用して、クライアントのリファーラルキャッシュをクリアすることもできます。詳細については、 Microsoft TechNet ライブラリを参照してください。