日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BranchCache を使用してブランチオフィスの概要で SMB 共有のコンテンツをキャッシュする

寄稿者 netapp-thomi

BranchCache は、要求元のクライアントのローカルコンピュータにコンテンツをキャッシュできるようにするために Microsoft が開発した機能です。ONTAP に BranchCache を実装すると、 Storage Virtual Machine ( SVM )に格納されたコンテンツに SMB を使用してブランチオフィスのユーザがアクセスする際に、広域ネットワーク( WAN )の使用量を抑え、アクセス応答時間を短縮することができます。

BranchCache を設定すると、 Windows BranchCache クライアントはまず SVM のコンテンツを取得し、次に取得したコンテンツをブランチオフィスのコンピュータにキャッシュします。ブランチオフィスの別の BranchCache 対応クライアントが同じコンテンツを要求すると、 SVM は最初に要求元ユーザの認証と許可を実行します。次に SVM は、キャッシュされたコンテンツが最新のものであるかどうかを確認し、最新のものである場合はそのコンテンツに関するメタデータをクライアントに送信します。クライアントは、そのメタデータを使用して、ローカルのキャッシュから直接コンテンツを取得します。