日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リバートした場合の BranchCache の動作

寄稿者 netapp-thomi

ONTAP を BranchCache がサポートされないリリースにリバートするときは、それを実行した場合の動作について理解しておくことが重要です。

  • ONTAP を BranchCache がサポートされないバージョンにリバートすると、 BranchCache 対応クライアントに対して SMB 共有で BranchCache の機能がアドバタイズされなくなります。そのため、クライアントからハッシュ情報が要求されることはありません。

    代わりに、通常の SMB 読み取り要求を使用して実際のコンテンツを要求します。これに対する応答として、 CIFS サーバから Storage Virtual Machine ( SVM )に格納されている実際のコンテンツが送信されます。

  • ハッシュストアをホストするノードを BranchCache がサポートされないリリースにリバートする場合、リバート時に出力されるコマンドを使用して、ストレージ管理者が手動で BranchCache の設定をリバートする必要があります。

    このコマンドは、 BranchCache の設定とハッシュを削除します。

    リバートの完了後、必要に応じて、ハッシュストアが格納されていたディレクトリを手動で削除できます。