日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

従来の oplock および oplock リースの概要でクライアントのパフォーマンスを向上

寄稿者

便宜的 oplock と oplock リースでは、先読み、あと書き、ロックの各情報を SMB クライアント側でキャッシングできるよう、特定のファイル共有シナリオでそのクライアントを有効にします。これにより、クライアントは、目的のファイルへのアクセス要求をサーバに定期的に通知しなくても、ファイルの読み書きを実行できます。これにより、ネットワークトラフィックが軽減され、パフォーマンスが向上します。

oplock リースは oplock を強化したもので、 SMB 2.1 以降のプロトコルで使用できます。oplock リースでは、クライアントが、自身による複数の SMB オープンにおいてキャッシュ状態を取得し、保持できます。

oplock は次の 2 つの方法で制御できます。

  • 共有プロパティでは、共有の作成時に「 vserver cifs share create 」コマンドを使用するか、作成後に「 vserver share properties 」コマンドを使用します。

  • qtree プロパティでは、 qtree の作成時に volume qtree create コマンドを使用するか、作成後に volume qtree oplock コマンドを使用します。