日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows クライアントの過剰なリソース消費を制限するコマンドオプション

寄稿者 netapp-thomi

vserver cifs options modify コマンドのオプションを使用すると 'Windows クライアントのリソース消費を制御できますファイルオープン、セッションオープン、変更通知要求が異常に多い場合など、正常な範囲を超えてリソースを消費しているクライアントがある場合に便利です。

Windows クライアントのリソース消費を制御するために 'vserver cifs options modify コマンドに次のオプションが追加されましたこれらのオプションの最大値を超えると、要求は拒否され、 EMS メッセージが送信されます。これらのオプションで設定された上限の 80% に達したときにも EMS 警告メッセージが送信されます。

  • `-max-opense-opense-same -file-per-tree `

    CIFS ツリーあたりの同じファイルの最大オープン数

  • -max-same-user-sessions-per-connection

    同じユーザが接続ごとに開いたセッションの最大数

  • 「 -max-same-tree-connect-per-session 」

    同じ共有に対するセッションあたりの最大ツリー接続数

  • -max-watch -set-per-tree

    ツリーごとに確立されるウォッチの最大数(別名 change notifier

デフォルトの制限および現在の設定を表示する方法については、マニュアルページを参照してください。

ONTAP 9.4 以降では、 SMB バージョン 2 以降を実行しているサーバで、クライアントからサーバに SMB 接続で送信できる未処理要求( _SMB クレジット _ )の数を制限することができます。SMB クレジットの管理はクライアント側で開始され、サーバ側で制御されます。

SMB 接続で付与できる未処理要求の最大数は '-max-credits オプションによって制御されますこのオプションのデフォルト値は 128 です。