日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ゲスト UNIX ユーザを設定します

寄稿者 netapp-ahibbard

ゲスト UNIX ユーザを設定すると、信頼されていないドメインからログインしたユーザがゲスト UNIX ユーザにマッピングされ、 CIFS サーバに接続できるようになります。ただし、信頼されていないドメインのユーザの認証を失敗にする場合は、ゲスト UNIX ユーザを設定しないでください。デフォルトでは、信頼されていないドメインのユーザによる CIFS サーバへの接続は許可されません(ゲスト UNIX アカウントは設定されません)。

ゲスト UNIX アカウントを設定する場合は、次の点に注意する必要があります。

  • CIFS サーバがホームドメインまたは信頼できるドメインのドメインコントローラ、ローカルデータベースのどちらかに対してユーザを認証できず、このオプションが有効である場合、 CIFS サーバはユーザをゲストユーザとみなし、そのユーザを指定した UNIX ユーザにマッピングします。

  • このオプションを null 文字列に設定すると、ゲスト UNIX ユーザは無効になります。

  • いずれかの Storage Virtual Machine ( SVM )ネームサービスデータベースで、ゲスト UNIX ユーザとして使用する UNIX ユーザを作成する必要があります。

  • ゲストユーザとしてログインしたユーザは、自動的に CIFS サーバの BUILTIN\guests グループのメンバーになります。

  • 「 homedirs-public 」オプションは、認証されたユーザにのみ適用されます。ゲストユーザとしてログインしたユーザは、ホームディレクトリを持ちません。また、他のユーザのホームディレクトリにアクセスすることはできません。

手順
  1. 次のいずれかを実行します。

    状況 入力するコマンド

    ゲスト UNIX ユーザを設定します

    vserver cifs options modify -guest-unix-user_unix_name_`

    ゲスト UNIX ユーザを無効にします

    vserver cifs options modify -guest-unix-user ""

    vserver cifs options modify -guest-unix-user pcuser

  2. ゲスト UNIX ユーザが正しく設定されていることを確認します。 vserver cifs options show -vserver vserver_name _`

    次の例では、 SVM vs1 のデフォルト UNIX ユーザとゲスト UNIX ユーザの両方が UNIX ユーザ「 pcuser 」を使用するように設定されています。

    vserver cifs options show -vserver vs1 ’

    Vserver: vs1
    
      Client Session Timeout : 900
      Default Unix Group     : -
      Default Unix User      : pcuser
      Guest Unix User        : pcuser
      Read Grants Exec       : disabled
      Read Only Delete       : disabled
      WINS Servers           : -