日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB メタデータキャッシュエントリの有効期間を設定します

寄稿者 netapp-ahibbard

SMB メタデータキャッシュエントリの有効期間を設定できます。これにより、環境内での SMB メタデータキャッシュのパフォーマンスを最適化できます。デフォルトは 10 秒です。

SMB メタデータキャッシュ機能を有効にしている必要があります。SMB メタデータのキャッシングが有効でない場合、 SMB キャッシュの TTL 設定は使用されません。

ステップ
  1. 必要な操作を実行します。

    SMB メタデータキャッシュエントリの有効期間を設定する際の方法 入力するコマンド

    共有を作成します

    vserver cifs share -create -vserver_name_share-share-name_share_attribute_cache-ttl [integerh][integer][integer]`

    既存の共有を変更する

    「 vserver cifs share -modify -vserver vserver_name _ share-name_share_attribute-cache-ttl [ 整数 h][ 整数 ][ 整数 ][integer]` 」の形式で指定します

    共有を作成または変更するときに、追加の共有設定オプションおよび共有プロパティを指定できます。詳細については、マニュアルページを参照してください。