日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BranchCache が有効な SMB 共有を作成

寄稿者 netapp-ahibbard netapp-thomi

「 branchcache 」共有プロパティを設定すると、 SMB 共有で BranchCache を有効にすることができます。

このタスクについて
  • SMB 共有で BranchCache を有効にする場合は、共有のオフラインファイル設定を手動キャッシュに設定する必要があります。

    これは、共有を作成するときのデフォルト設定です。

  • BranchCache が有効な共有を作成するときに、オプションの共有パラメータを追加で指定することもできます。

  • Storage Virtual Machine ( SVM )で BranchCache が設定されておらず、有効になっていない場合でも、共有の「 branchcache 」プロパティを設定できます。

    ただし、共有でキャッシュされたコンテンツを提供するには、 SVM で BranchCache を設定して有効にする必要があります。

  • 「 -share-properties 」パラメータを使用するときに共有に適用されるデフォルトの共有プロパティはないため、「 branchcache 」共有プロパティのほかに共有に適用する他のすべての共有プロパティをカンマで区切って指定する必要があります。

  • 詳細については 'vserver cifs share create コマンドのマニュアルページを参照してください

ステップ
  1. BranchCache が有効な SMB 共有を作成します。 +`vserver cifs share create -vserver_name_share-name_share_path_share-properties branchcache [,…​]

  2. vserver cifs share show コマンドを使用して、 SMB 共有に対して BranchCache 共有プロパティが設定されていることを確認します。

次のコマンドでは、 SVM vs1 上で「 /data 」のパスを使用して「 data 」という名前の BranchCache が有効な SMB 共有を作成します。デフォルトでは、オフラインファイル設定は「手動」に設定されています。

cluster1::> vserver cifs share create -vserver vs1 -share-name data -path /data -share-properties branchcache,oplocks,browsable,changenotify

cluster1::> vserver cifs share show -vserver vs1 -share-name data
                      Vserver: vs1
                        Share: data
     CIFS Server NetBIOS Name: VS1
                         Path: /data
             Share Properties: branchcache
                               oplocks
                               browsable
                               changenotify
           Symlink Properties: enable
      File Mode Creation Mask: -
 Directory Mode Creation Mask: -
                Share Comment: -
                    Share ACL: Everyone / Full Control
File Attribute Cache Lifetime: -
                  Volume Name: data
                Offline Files: manual
Vscan File-Operations Profile: standard