日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

BranchCache 設定を削除した場合の動作

寄稿者

BranchCache を設定したあとに、 Storage Virtual Machine ( SVM )からのキャッシュされたコンテンツの提供を中止する場合は、 CIFS サーバで BranchCache 設定を削除します。設定を削除するときは、それを実行した場合の動作について理解しておく必要があります。

設定を削除すると、 ONTAP によってその SVM の設定情報がクラスタから削除され、 BranchCache サービスが停止します。SVM のハッシュストアについては、 ONTAP で削除するかどうかを選択することができます。

BranchCache 設定を削除しても、 BranchCache 対応クライアントによるアクセスは中断されません。以降に、 BranchCache 対応クライアントから既存の SMB 接続でキャッシュ済みのコンテンツのメタデータ情報を要求すると、 ONTAP は Microsoft のエラーを返します。この場合は、クライアントでもう一度要求を送信して、実際のコンテンツを要求します。これに対する応答として、 CIFS サーバから SVM に格納されている実際のコンテンツが送信されます

BranchCache 設定を削除すると、 SMB 共有で BranchCache の機能がアドバタイズされなくなります。キャッシュされていないコンテンツに新しい SMB 接続でアクセスするには、通常の SMB 読み取り要求を行います。