日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SMB クライアントが NetBIOS エイリアスを使用して接続しているかどうかを確認します

寄稿者 netapp-ahibbard

SMB クライアントが NetBIOS エイリアスを使用して接続しているかどうか、および使用している場合はその NetBIOS エイリアスを確認できます。これは、接続の問題のトラブルシューティングを行う場合に役立ちます。

SMB 接続に関連づけられた NetBIOS エイリアス(存在する場合)を表示するには '-instance パラメータを使用する必要がありますCIFS サーバ名または IP アドレスを使用して SMB 接続を行っている場合、 NetBIOS 名フィールドの出力は「 - 」(ハイフン)になります。

ステップ
  1. 必要な操作を実行します。

    表示する NetBIOS 情報 入力するコマンド

    SMB 接続

    「 vserver cifs session show -instance 」

    指定した NetBIOS エイリアスを使用する接続:

    vserver cifs session show -instance -netbios-name netbios_name`

    次の例は、セッション ID 1 の SMB 接続に使用されている NetBIOS エイリアスに関する情報を表示します。

    vserver cifs session show -session-id 1-instance

                            Node: node1
                         Vserver: vs1
                      Session ID: 1
                   Connection ID: 127834
    Incoming Data LIF IP Address: 10.1.1.25
                     Workstation: 10.2.2.50
        Authentication Mechanism: NTLMv2
                    Windows User: EXAMPLE\user1
                       UNIX User: user1
                     Open Shares: 2
                      Open Files: 2
                      Open Other: 0
                  Connected Time: 1d 1h 10m 5s
                       Idle Time: 22s
                Protocol Version: SMB3
          Continuously Available: No
               Is Session Signed: true
           User Authenticated as: domain-user
                    NetBIOS Name: ALIAS1
           SMB Encryption Status: Unencrypted