日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

UNIX セキュリティ形式のボリューム上のファイルセキュリティに関する情報を表示します

寄稿者 netapp-thomi netapp-ahibbard

セキュリティ形式と有効なセキュリティ形式、適用されている権限、 UNIX の所有者とグループに関する情報など、 UNIX セキュリティ形式のボリューム上にあるファイルやディレクトリのセキュリティに関する情報を表示できます。この結果を使用して、セキュリティ設定の検証や、ファイルアクセスに関する問題のトラブルシューティングを行うことができます。

Storage Virtual Machine ( SVM )の名前、およびファイルまたはディレクトリのセキュリティ情報を表示するデータのパスを入力する必要があります。出力は要約形式または詳細なリストで表示できます。

  • UNIX セキュリティ形式のボリュームおよび qtree では、ファイルアクセス権の決定時に、 UNIX ファイルアクセス権のみが使用されます。モードビットまたは NFSv4 ACL です。

  • ACL 出力は、 NFSv4 セキュリティが適用されたファイルとフォルダについてのみ表示されます。

    このフィールドは、モードビットのアクセス権のみ( NFSv4 ACL はなし)が適用されている UNIX セキュリティ形式のファイルおよびディレクトリでは空になります。

  • ACL 出力の所有者とグループの出力フィールドは、 NFSv4 セキュリティ記述子には該当しません。

    これらのフィールドが意味があるのは、 NTFS セキュリティ記述子の場合のみです。

  • ストレージレベルのアクセス保護セキュリティは、 SVM で CIFS サーバが設定されている場合に UNIX ボリュームまたは qtree でサポートされるので、「 -path 」パラメータで指定されたボリュームまたは qtree に適用されるストレージレベルのアクセス保護セキュリティに関する情報が出力に含まれることがあります。

ステップ
  1. ファイルとディレクトリのセキュリティ設定を必要な詳細レベルで表示します。

    表示する情報 入力するコマンド

    要約形式で表示されます

    vserver security file-directory show -vserver vserver_name -path_path_`

    詳細が表示されます

    vserver security file-directory show -vserver_vserver_name _ path_path-expand-mask true

次の例は、 SVM vs1 のパス「 /home 」に関するセキュリティ情報を表示します。

cluster1::> vserver security file-directory show -vserver vs1 -path /home

                                  Vserver: vs1
                                File Path: /home
                        File Inode Number: 9590
                           Security Style: unix
                          Effective Style: unix
                           DOS Attributes: 10
                   DOS Attributes in Text: ----D---
                  Expanded Dos Attributes: -
                             Unix User Id: 0
                            Unix Group Id: 1
                           Unix Mode Bits: 700
                   Unix Mode Bits in Text: rwx------
                                     ACLs: -

次の例は、マスクを展開した形式で、 SVM vs1 のパス「 /home 」に関するセキュリティ情報を表示します。

cluster1::> vserver security file-directory show -vserver vs1 -path /home -expand-mask true

                                 Vserver: vs1
                               File Path: /home
                       File Inode Number: 9590
                          Security Style: unix
                         Effective Style: unix
                          DOS Attributes: 10
                  DOS Attributes in Text: ----D---
                 Expanded Dos Attributes: 0x10
                      ...0 .... .... .... = Offline
                      .... ..0. .... .... = Sparse
                      .... .... 0... .... = Normal
                      .... .... ..0. .... = Archive
                      .... .... ...1 .... = Directory
                      .... .... .... .0.. = System
                      .... .... .... ..0. = Hidden
                      .... .... .... ...0 = Read Only
                            Unix User Id: 0
                           Unix Group Id: 1
                          Unix Mode Bits: 700
                  Unix Mode Bits in Text: rwx------
                                    ACLs: -