日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージレベルのアクセス保護に関する情報を表示します

寄稿者 netapp-ahibbard

ストレージレベルのアクセス保護は、ボリュームまたは qtree に適用される 3 番目のセキュリティレイヤです。ストレージレベルのアクセス保護設定は、 Windows のプロパティウィンドウでは表示できません。ストレージレベルのアクセス保護セキュリティに関する情報を表示するには、 ONTAP CLI を使用する必要があります。この情報を使用して、構成の検証や、アクセスに関する問題のトラブルシューティングを行うことができます。

Storage Virtual Machine ( SVM )の名前、およびストレージレベルのアクセス保護セキュリティ情報を表示するボリュームまたは qtree のパスを入力する必要があります。出力は要約形式または詳細なリストで表示できます。

ステップ
  1. ストレージレベルのアクセス保護セキュリティ設定を必要な詳細レベルで表示します。

    表示する情報 入力するコマンド

    要約形式で表示されます

    vserver security file-directory show -vserver vserver_name -path_path_`

    詳細が表示されます

    vserver security file-directory show -vserver_vserver_name _ path_path-expand-mask true

次の例では、 SVM vs1 のパス「 /datavol1 」にある NTFS セキュリティ形式のボリュームのストレージレベルのアクセス保護セキュリティ情報を表示します。

cluster::> vserver security file-directory show -vserver vs1 -path /datavol1

                Vserver: vs1
              File Path: /datavol1
      File Inode Number: 77
         Security Style: ntfs
        Effective Style: ntfs
         DOS Attributes: 10
 DOS Attributes in Text: ----D---
Expanded Dos Attributes: -
           Unix User Id: 0
          Unix Group Id: 0
         Unix Mode Bits: 777
 Unix Mode Bits in Text: rwxrwxrwx
                   ACLs: NTFS Security Descriptor
                         Control:0x8004
                         Owner:BUILTIN\Administrators
                         Group:BUILTIN\Administrators
                         DACL - ACEs
                           ALLOW-Everyone-0x1f01ff
                           ALLOW-Everyone-0x10000000-OI|CI|IO


                         Storage-Level Access Guard security
                         SACL (Applies to Directories):
                           AUDIT-EXAMPLE\Domain Users-0x120089-FA
                           AUDIT-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff-SA
                         DACL (Applies to Directories):
                           ALLOW-EXAMPLE\Domain Users-0x120089
                           ALLOW-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff
                           ALLOW-NT AUTHORITY\SYSTEM-0x1f01ff
                         SACL (Applies to Files):
                           AUDIT-EXAMPLE\Domain Users-0x120089-FA
                           AUDIT-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff-SA
                         DACL (Applies to Files):
                           ALLOW-EXAMPLE\Domain Users-0x120089
                           ALLOW-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff
                           ALLOW-NT AUTHORITY\SYSTEM-0x1f01ff

次の例では、 SVM vs1 のパス「 /datavol5 」にある mixed セキュリティ形式のボリュームに関するストレージレベルのアクセス保護の情報を表示します。このボリュームの最上位には、 UNIX 対応のセキュリティが設定されています。ボリュームにはストレージレベルのアクセス保護セキュリティが設定されています。

cluster1::> vserver security file-directory show -vserver vs1 -path /datavol5
                Vserver: vs1
              File Path: /datavol5
      File Inode Number: 3374
         Security Style: mixed
        Effective Style: unix
         DOS Attributes: 10
 DOS Attributes in Text: ----D---
Expanded Dos Attributes: -
           Unix User Id: 0
          Unix Group Id: 0
         Unix Mode Bits: 755
 Unix Mode Bits in Text: rwxr-xr-x
                   ACLs: Storage-Level Access Guard security
                         SACL (Applies to Directories):
                           AUDIT-EXAMPLE\Domain Users-0x120089-FA
                           AUDIT-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff-SA
                         DACL (Applies to Directories):
                           ALLOW-EXAMPLE\Domain Users-0x120089
                           ALLOW-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff
                           ALLOW-NT AUTHORITY\SYSTEM-0x1f01ff
                         SACL (Applies to Files):
                           AUDIT-EXAMPLE\Domain Users-0x120089-FA
                           AUDIT-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff-SA
                         DACL (Applies to Files):
                           ALLOW-EXAMPLE\Domain Users-0x120089
                           ALLOW-EXAMPLE\engineering-0x1f01ff
                           ALLOW-NT AUTHORITY\SYSTEM-0x1f01ff