日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CIFS サーバでの GPO の更新方法の概要

寄稿者 netapp-thomi

デフォルトでは、 ONTAP はグループポリシーオブジェクト( GPO )の変更を 90 分に 1 回取得して適用します。セキュリティ設定は 16 時間ごとに更新されます。ONTAP で自動的に更新される前に GPO を更新し、新しい GPO ポリシー設定を適用するには、 ONTAP コマンドを使用して CIFS サーバで手動更新をトリガーします。

  • デフォルトでは、すべての GPO を 90 分に 1 回確認し、必要に応じて更新。

    この間隔は構成可能であり ' 更新間隔とランダムオフセット GPO 設定を使用して設定できます

    ONTAP は、 GPO の変更がないかどうかを Active Directory に照会します。Active Directory に記録されている GPO のバージョン番号が CIFS サーバ上の GPO のバージョン番号より大きい場合、 ONTAP は新しい GPO を取得して適用します。バージョン番号が同じ場合、 CIFS サーバ上の GPO は更新されません。

  • セキュリティ設定の GPO を 16 時間に 1 回更新。

    ONTAP は、変更の有無にかかわらず、 16 時間に 1 回セキュリティ設定の GPO を取得して適用します。

    注記

    デフォルト値の 16 時間は、現在の ONTAP バージョンでは変更できません。これは Windows クライアントのデフォルト設定です。

  • ONTAP コマンドを使用して手動ですべての GPO を更新。

    このコマンドは、 Windows の gpupdate.exe`/force` コマンドをシミュレートします。